中古アタッチメント専門商社 東方商事仲介

HARTL(ハートル)はヨーロッパ、オーストリアの会社です。
建設機械の開発・製造をしておりクラッシャー及びスクリーンの分野で、40年以上にわたり革新と高品質を追求し、世界中のマーケットで特別な地位を築いてきました。

HARTLの製品はどれも革新的なデザインに加え確かな製造技術と、最高のコンポーネントの採用により長持ちするだけでなく、ユーザーフレンドリーなメンテナンス性を実現。

特に掘削機とクラッシャーを結合させるユニークな技術と製品の頑強さで、リサイクルや解体から発生するガラばかりでなく自然石の破砕・減容でも高い実績と信頼性を得ています。

HARTLの製品が65以上の国々で販売され、各地の現場で活躍しているのがその証拠と言えるでしょう。

独創的なクワトロムーブメント

従来のクラッシャーは上部にトグルプレートが設置されていることが多く、ジョープレートが平行にしか動かず効率的に破砕物を排出口に送れませんでした。しかし独創のクワトロムーブメントを採用するHARTL CRUSHER™は8の字に動くジョープレートで粉砕物を上から下へ非常に効率的に送り込みます。これにより他製品にはない圧倒的なパフォーマンスを発揮するのです。

HBC
650
HBC
750
HBC
950
HBC
1250
取付ショベルクラス ton ≥ 10 ≥ 18 ≥ 24 ≥ 35
投入口サイズ mm 650×500 750×500 950×525 1250×570
設定油圧 bar 220 220 220 220
設定流量 ℓ/min >100 >145 >200 >290
排出口サイズ 最小/最大 10~100 12~100 12~120 12~120
バケット容量
ISO7451
0.51 0.73 1.00 1.66
寸法 L/W/H mm 1940/1100/1280 2210/1210/1370 2350/1450/1390 2570/1820/1550
重量 kg 1700 2800 3950 5720

紹介動画VIDEO

  • 【動画】HARTL CRUSHER: Image Video
  • 【動画】HARTL CRUSHER: Nothing can substitute experience
  • 【動画】Hartl Crusher Demo
  • 【動画】Hartl Crusher and Screener Demo
HBCシリーズ:メンテナンスガイド(動画)
  • 【動画】HARTL Crusher: Jaw Setting
  • 【動画】HARTL CRUSHER: Jaw Replacement
  • 【動画】HARTL CRUSHER: V-Belt Replacement
  • 【動画】HARTL Crusher: Toggle Replacement
  • 【動画】HARTL CRUSHER: Wear Plates Replacement
HBSシリーズ:メンテナンスガイド(動画)
  • 【動画】HARTL SCREENER: Basket Replacement
  • 【動画】HARTL SCREENER: HBS1200-2000 Quadrante Replacement
  • 【動画】HARTL SCREENER: HBS1200-2000 Segmente Replacement

ヒストリーHISTORY

  • 1935

    フランツ・ハートル・シニア、砂利の加工及び運送を行う会社を設立。

  • 1936

    フランツ・ハートル・シニア、Ennsdorfに初の砂利採取場を開設。

  • 1940

    川砂利を採取するために海運会社を設立。HARTLの独創性は既にこの頃から発揮されています。

  • 1968

    父親の事業を引き継ぐにあたり、息子たち(フランツ・ハートルとアドルフ・ハートル)は新しいアプローチを採用しました。実際、彼らは近代的なモバイルクラッシャーのパイオニアとも言えます。

  • 1977

    世界初のモバイルクラッシャー「POWERCRUSHER(パワークラッシャー)」を開発。それは高スループット率のクラッシャーで車輪付きという、革新的なモバイルクラッシャーでした。

  • 1980

    POWERCRUSHERに続き、自然石の処理と建設廃棄物リサイクルのためのモバイルコンセプトを実装した、初のコンクリート用モバイルリサイクルプラントを開発。

  • 1981

    アメリカ・シカゴで行われた展示会、CONEXPOにPOWERCRUSHERシリーズを出展、これが国際展開の始まりでした。

  • 1987

    エプロンフィーダーを備えた初のコンパクトモバイルインパクトクラッシャーの生産。POWERCRUSHERブランドの成功で、HARTLは世界初のモバイルトラックマウントクラッシングプラントのメーカーとしての地位を確立していきます。

  • 2000

    Mauthausenに、近代的なデザインの本社ビルが竣工。

  • 2001

    Hartl Anlagenbau GmbH が100%家族経営の会社として、アドルフ・ハートルの息子達(アレクサンダー・ハートルとドミニク・ハートル)によって設立されました。

  • 2002

    新たなテクノロジーと印象的なデザインを備えた、新しいPOWERCRUSHERシリーズが、ヨーロッパの展示会でデビュー。

  • 2003

    Essenで行われたRED DOT DESIGN AWARDにおいて、POWERCRUSHER(PC 1375 I)が「ベスト・オブ・ザ・ベスト」を獲得。

  • 2008

    EXPORT PRIZE 2008のビジネス部門で2位を獲得。 この賞は、オーストリア連邦経済会議所(WKO)の会長であるクリストフ・レイテルとマーティン・バルテンシュタイン経済大臣によってVienna Palladiumで授与されました。

  • 2009

    オーストリア、ST VALENTIN / THURNSDORFに12,000 m2超の面積を誇る生産・組立工場を開設。新工場は、ヨーロッパで最高水準のモバイルクラッシャー生産工場になりました。

  • 2010

    ミュンヘンで行われた展示会、BAUMAでPOWERCRUSHERの新シリーズ、PC1からPC6を発表。
    スウェーデンのAtlas Copco グループが、POWERCRUSHERを含むHartl Anlagen GmbHを買収。

  • 2011

    オーストリアのMauthausenに、HARTL Engineering&Marketing GmbHを設立。
    HARTL CRUSHERブランドで、強力な破砕力を誇るバケットクラッシャーHBCシリーズ、スクリーニングバケットHBSシリーズを開発。

  • 2013

    独創のクワトロムーブメントと流線形の美しいデザインを兼ね備えた、HARTL CRUSHER (HBC 950)が栄えあるRED DOT DESIGN AWARDを受賞。

  • 2018

    上海で行われた展示会、BAUMA CHINAでHARTL CRUSHERの新シリーズHBC-Rシリーズのリリースを発表。
    翌2019年にミュンヘンで行われた世界最大の建機展、BAUMAにHBC9R, HBC13Rを出展。

  • 2019

    ROCKWHEELブランドで知られるドイツのRokla GmbHがHARTL Engineering&Marketing GmbHを買収。
    Roklaは、ドイツのLangenburgに拠点を置き、2013年からROCKWHEELブランドでドラムカッターの製造および販売を行っています。
    既にその分野でトップクラスのシェアを誇り、ドイツで最も急成長している建機メーカーの1つです。

HARTL製品についてのお問い合わせ